読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際ニュース

ロシアのニュースサイトの面白い情報を訳してお届け!

ロシアは国後島で日本人翻訳者を拘束

世界 政治・経済

 国後島南千島列島の小さな町でロシアの税関職員が日本の男性を拘束しました。日本は逮捕について、ロシア当局に抗議を送り、日本への迅速な復帰を要求しました。

f:id:suraQ:20160822222157j:plain

 「私たちはその人をできるだけ早く根室市(北海道の行政区の都市)に戻ることができるように、ロシア呼びかけました」と 菅は言いました。「我々はまた、ロシアが北方領土を放棄する必要があるという仮定に基づいて行為を受け入れることができない。」と言いました。

日本人男性は、二国間のビザなし交流の特別プログラムの一環として、島を訪れる64の観光客のための翻訳者として7月19日に島に上陸。彼が島を出ようとした8月21日に彼は問題視され、ロシアの関税職員に拘束されました。これは、プログラムが開始された1992年以来、千島列島で日本人市民が拘束されたのは初めてです。

ロシアの報道機関によると、日本円で400万あまりの箱が日本人から得ることができたとのことです。

日本の毎日新聞という新聞によると、日本の外務省は被留置者が日本の翻訳者であることを確認した。とのこと。

大規模な通貨の密輸は、条刑法の200.1の、現金の不正な移動を禁じる法律に当たり、明らかに刑事犯罪です。今回の日本人の拘束は正当且つ当然ともいえる行為です。

 

安倍首相は9月にウラジオストクで開催される第二の東経済フォーラムに出席します。