国際ニュース

ロシアのニュースサイトの面白い情報を訳してお届け!

アメリカで警察が聴覚障害者の運転手を射殺しました

f:id:suraQ:20160823140122j:plain

アメリカのノースカロライナ州の警察は迫害した後、聴覚障害者のドライバを撃ちました。月曜日、CBSニュースによると、地元警察に撃たれた人は29歳のダニエル・ケビン・ハリスだそうです。

この事件は若い男の家の近くで発生しました。警察官はスピード違反で高速道路で車を止めようとし、アメリカの慣例に従って、彼は車の後ろに付き、サイレンを回しました。

彼は、警察の車に気付かず、長時間止まらずに移動し続け、最終的に彼の家の近くに止まりました。法執行機関によると、その後、若い男性が車から出てきたときには警察は若い男性を迫害しその後射殺。そのときに、男性は非武装でした。

 ハリスはよる迫害を見たかどうかは、CBSのテレビチャンネルによれば、確立されていないそうですが、少なくとも警察官は被害者が聾唖だったことを認識しなければなりませんでした。

英国のデイリーメールによると、警察は彼が自宅の近くに駐車した場合に、車を停止した後に出て行って、彼がジェスチャーで説明しようとしたところを見た人がいるとのことです。そのしばらく後にショット音が響きました。警察は容疑者が指示に従わなかったため撃ったと言いました。

 被害者の親族は、「彼は怖かった」と主張し、警察の言葉を聞けなかったため、起こっていたことに気づけませんでした。」その後の尋ねによると「明らかに力の使用はおかしかった」といいました。

聴覚障害者との接触の場合のための警察の行動の訓練を確立するだけでなく、聴覚ドライバは車の中に特別なノートを置いておくことが必要あることを確認する意向を発表しました。