国際ニュース

ロシアのニュースサイトの面白い情報を訳してお届け!

幹細胞は、脳卒中の脳を治療することができる

f:id:suraQ:20160824142507j:plain

 マウス上での実験後、米国の科学者は、幹細胞の助けを借りて脳卒中を治療することができることを発見しました。この情報は、雑誌ネイチャーメディシンによるものです。

科学者ジム・コウニングによる、今回の研究の結果は、脳卒中の影響の治療に革命をもたらすかもしれません。脳卒中または他の神経組織損傷患者の治療に期待されています。

手順は、南カリフォルニアの大学が開発しました。そこの大学は、体内で重要なタンパク質である「プロテインC」、の3K3A-APC、半合成類似体を発見しました。この物質は、成人の脳細胞に変わることができます。

これまでは、プロテインCの抗凝固剤を導入して治療されてきました。これは極めて危険です。 

 血液凝固に及ぼす幹細胞と、由来物質3K3A-APCを組み合わせると、大幅に回復を促進します。様々な組み合わせでの物質の注射により、マウスにおける人工脳卒中を引き起こさせ、それを治すことに成功しています。

科学者たちは、第二のテスト・フェーズを持っています。彼らは動物実験を継続するだけでなく、ボランティアでの実験も行っていくとのことです。血液の循環が停止したときにできる3K3A-APC物質は、神経細胞の死を遅らせることができるかどうかを調べる必要があります。その研究は、脳内の出血による影響を弱める方法を見つけるのに役立ちます。